本城未沙子⇔本城未紗子『 Born to bloom 』

Born To Bloom☆本城未沙子⇔本城未紗子オフィシャルWEB

<< うひやひや♪ | TOP | シンフォニックでハード♪ >>
DTW フラワーエッセンス♪
「効果、すごいよぉ!!」と喜んで頂いています。

愛飲している友人達からも質問を受ける事が多いので
本日のお題は DTW フラワーエッセンス☆

「昔からあるバッチフラワーレメディとは、どう違うの?」とか、
「ヒーラーの人達が作っているものと、どう違うの?」とかとか、
「色々な国で作られている物があるけれど、どう違うの?」とかとかとか。

『DTW』 は、Dr.TERRY WILLARD (現役のドクター)が創られたエッセンス。

バッチと同じところは、現役のドクターがつくった!という安心感。

しか〜し、バッチのレメディが誕生した頃と現代社会とでは、
私達を取り巻く環境や生活、精神状態などがかなり変化しています。

DFW フラワーエッセンス(FE)は、現代社会を生きる私達の為につくられた
モダン・フラワーエッセンスなんです。

現在世界中には数十種類のフラワーエッセンスがあるといわれていますが、
その多くはヒーラー(と呼ばれる特殊な能力を持ているといわれる人)の作ったもの。
一口にヒーラーといってもピンキリでしょうから、
ピンのヒーラーのエッセンスに当たれば良いかも、、、ですよね。

DTWFEは、現役のドクターがホリスティック・クリニックで治療に使い、
ドクター所有の農園で植物を栽培し製造し臨床もしているのですから
他の物とは全く違うのです。

『Dr.テリー・ウィラード』は、薬用植物の特性・薬効効果などを、
30年以上にわたり研究し続け、臨床医学ハーバリストとして
カナダ・北米において、この分野の第一人者として幅広い活躍をされています。
カナダ・カルガリーでクリニックを経営する一方、
ワイルド ローズ カレッジにおいて教鞭をとり、
現在、ドクターの生徒は世界中で活躍しています。
カナダ連邦政府機関のHPB(米国では食品医薬品局)における
ハーブ及び植物調剤調合顧問委員に任命され、
1998年には カナディアン ヘルス フード アソシエーションに
最年少で殿堂入りを果たされました。


DTW JAPAN で扱っているエッセンスには、
日本人の特徴的性質や文化的背景の中で陥りやすいマイナス感情に合わせて、
約200種類のエッセンスの中から36種類のシングルボトルと
目的別にブレンドされた9種類のシングルフォーミュラボトルがあります。

臨床で証明されている安心・安全なエッセンス。

飲用するものですから安全なものでないといけません。

保存材にアルコールやビネガーを使用せず、
上質のココナッツグリセリンで作られているので、
赤ちゃんやペットにも安心して使うことが出来ます。
コーシャーグリセリンは、欧米では安心・高品質であるという証しです。

ベースウォーターには、世界的にも汚染が殆どみられない
ロッキー山脈ストーム・マウンテンの清浄な湧き水を使用。

他の物と違うところは効果だけでなく、こういうところも含めてですよね。

日本を代表するハーバリスト・石原樹里先生や
右脳研究、幼児教育で有名な教育学・心理学博士 七田 真 先生が
支持されているという信頼感・安心感もあります。



DTW フラワーエッセンスは、『心のサプリ』を気軽に摂取する感覚で。

沐浴やルームスプレーとしての使用も有効ですよ。


自分の心のベストバランスを知ること、とることは
生きて行く上で とても大切なこと。

エッセンスを、自分で選ぶのも良いし、カウンセリングを受けるのも良いし。


自分らしく快適な心地よい毎日を送りたい方にオススメです♪




私も、まだまだ勉強します(@^ ^@)/


BLISSTIA

フラワーエッセンス | 00:10 | author 本城未沙子→本城未紗子 | - | -